緑内障の進行を防いで安心しましょう~スクスク目の健康~

眼精疲労

いかに早く気づくか

看護師

片目で見ると分かることも

緑内障は軽度のうちに気付くことができれば日常生活への支障はそこまで及びません。そのため、いかに緑内障を早期発見し、眼科にかかるかが重要点となります。軽度の緑内障の場合、時々物が見えなくなったりするという症状が現れますが、症状が表れていないもう片方の目で見えなくなっている視力を補っているため、その症状に気付きにくいのが特徴です。そこで、そういった症状に気付くには片目だけで動いているものを見ることが挙げられます。見えなくなっている視神経のところに動いているものがくると、動いているものは消えてしまいます。しかも、もう片方という今まで補っていた支柱がないために異変に気づくことができます。このように、軽度の緑内障は片目で動くものを見ることで発見することが出来ます。

再生医療で治る可能性も

現在の治療では緑内障を治すことはできません。ただ、進行を止めることができるため、いかに早く緑内障に気付くかが大切となります。逆にいえば緑内障に気付くことが出来ず、進行させてしまった時に気付いてしまうことになれば、失明した状態で今後の日常生活を送らざるを得ない危険性が挙げられます。しかし、今や再生医療の研究が進み、臨床治療への応用が試みられていることから、今後再生医療にて緑内障の治療を行える可能性はあります。しかし、現段階では再生医療で治るという保証はない上、仮に出来たとしてもどれくらいの目途で可能になるかは分かりません。いずれにしても緑内障の場合、早期発見が大事になることは言うまでもありません。

眼の症状が気になった場合

目

飛蚊症とは、眼の老化が原因によって、視界に黒い点などが見えるようになる症状のことです。飛蚊症を予防するためには、眼を定期的に休ませる事が必要です。また今後はサプリメントで飛蚊症を予防していく方法も人気になると予測します。

Read More...

見えない部分が広がる病気

植物

白内障は手術で治りますが、緑内障は視神経に障害を受けると2度と元に戻らない病気です。自覚症状がないので気づいた時は進行しているケースが多いのです。じわじわと見えなくなっていく症状が出るので、早めの治療が大切です。主に点眼薬で眼圧を下げる治療が行われますが、悪化する場合はレーザー治療が行われます。

Read More...

眼科の病気

目の疲れ

緑内障は何らかの理由で眼圧が高まり、視野狭窄が進んでいく病気です。健康診断などで眼圧が高いと指摘されたら、精密検査や受診することが重要です。白内障は高齢者に多く、老化や紫外線が影響していますので、若いころから紫外線を避ける工夫が大事です。

Read More...